0から始める過払い口座
image

法律家の能力と過払い請求

法律家で、かなりたくさんの借金問題を扱ってきている人もいます。

その様な人は、金融機関とのコミュニケーションや交渉を頻繁に行っており、よりいい条件で交渉できる様なスキルを持った法律家も中にはいるみたいですね。

その様なスキルが高い法律家に頼む事ができ、過払い請求を行うのであれば、取り戻せる可能性は少し高まるかもしれません。

裁判や交渉というのは、交渉力が上手な人がよりいい結果を出せる事もあるみたいです。

過払い請求は、常に誰がやっても同じ結果になるものではありません。

違った結果になる可能性もあるのであれば、最初にする法律家を選ぶという作業はとても大事になってきますね。

自己破産後に発覚した過払い金という不都合

債務が積み重なり、返済ができない状態になったとき、裁判所が返済が難しいと判断すれば、裁判所からの免責決定を受けることになります。これがいわゆる自己破産です。ここに至るまでには、多くの場合債務の整理や返済で弁護士や司法書士などの専門家と借金相談をした結果、それでも借入返済の先が見えないままの状態ということでしょう。

しかし、10年位前の判決で、過払い金が注目されてきました。今では、マスコミでも弁護士や司法書士が宣伝しているほどです。 問題は、自己破産の決定と過払い金請求のタイムラグという不都合です。

判例では、自己破産の準備中に発覚した場合は、債権者への配当が必要であり、決定後であればそのまま返還請求できるとしています。しかし、非常に微妙な問題で個々に事情が違ってくるはずです。 こうした不都合は専門家によく相談し、後々問題とならないようにしたいものです。

自己破産をする前に多額の過払い金の整理

自己破産をするしかないと考えていても、専門家に相談をしてみると、任意整理で解決できたという話があります。多額の過払い金がある場合には、借金を大きく減額できて、自己破産をせずにすむということがあります。

まずは借金相談をしてみて、専門家のアドバイスのもとで、どういった解決手段があるのかを考えてみましょう。 多額の過払い金を引きなおし計算してみると、500万円の借金が200万円になったとします。すると、自己破産をするしかないと考えていた人でも、任意整理で解決できる可能性が高くなります。破産をすると大きなデメリットを被りますので、なるべく早い段階で相談をしましょう。

過払い金返還請求権の時効について

過払い金を、返還請求できる権利には時効があります。ただし、一般的にいつまでといのではなく、人それぞれ期限は違います。 過払い金を返還請求できるのは、取引を終了してから10年です。なので、借金を完済してから5年経った人は、時効まで後5年あります。まだ、借金を返済途中の人は、10年の期限はまだ始まっていません。

ただし、取引終了時というのがいつなのか、激しく争われることがあります。取引終了時というのは、完済している場合は完済日、未完済の場合は、最後の入出金日になります。 また、いくつもの取引がある場合は、1つ1つの取引ごとに過払い金返還請求権の期限があります。

弁護士に過払い金の整理を依頼する長所と短所

弁護士に過払い金の整理を依頼すると、正しい数字を教えてくれる、数字に強い人ほど仕事が速いなどの長所があります。沢山の数字を調べる仕事なため時間はかかりますが、作業が終われば適切な数字を教えてくれます。

自身で調べるのは面倒な作業ですが、弁護士に任せれば後は連絡がくるのを待つだけなので楽です。また、経験が豊富な人は数字に自然と強くなっているので、予定より仕事が速く片付くことがあります。

短所は依頼をするとお金が必要になることです。ただ、自身で調べようとするとミスが出てしまう恐れがあるので、依頼をしたほうが安全と言えます。

過払い金を弁護士 に相談したい

過払い金で悩んでいる方は、弁護士に相談する事で解決できることが多いです。過払い金の請求には時効があります。時効を過ぎてしまえば取り戻す事ができなくなるのです。時効は最後に取り引きをした日から10年です。

つまり、完済した日から10年という事になります。お金を貸し出すときの金利は、金利制限法というもので上限が決められています。決められた金利以上で借りていた場合は、支払った利息を取り戻す事ができます。たとえば、10万円を借りて、払いすぎた利息が50万円であれば、40万円を請求する事ができます。大阪には弁護士が多いので、悩まずに相談する事をおすすめします。

弁護士 に依頼して過払い金を取り戻す

大阪では無料で相談に乗ってくれる弁護士がいます。過払い金の請求には期限があります。少しでも可能性があるならば、早めに相談する事が得策です。返済の完済から10年を過ぎれば請求は無効になります。払いすぎた分を取り戻せるのはメリットです。

ただ、注意しなければいけないのは返済中の場合です。返済中の請求は、債務整理扱いになりますので、ブラックリストに乗ります。この際、帰ってきたお金で返済を全額完済すれば、ブラックリストから削除されます。しかし、過払い請求した消費者金融からは2度と借入れる事ができなくなります。これがデメリットです。

弁護士に過払い金の相談をするメリット

大阪に事務所を構える弁護士には、過払い金の返還についての相談をすることができます。利息制限法を越える金額を支払っていた場合、払いすぎていた分の返還請求ができるのです。複数の消費者金融から借り入れをしていて、債務整理を行う過程で請求できることに気が付くケースも少なくありません。

過払い金の返還は、借り入れ先の最終取引から10年以内と期限が決められています。早めに弁護士に依頼することで、借金の返済が楽になる場合も多いです。初回相談は無料という事務所も多いため、まずは一度足を運んでみるのがよいでしょう。

過払いに関する記事

弁護士に債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談についての情報。

債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談の内容以外の問い合わせはこちら